忍者ブログ

東方は赤く萌えている!

Home > ブログ > 覚え書き PC編

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

Windows7起動後マウスやキーボードが反応しない時の対処法(復旧した事例)の覚え書き

まずは筆者のPCの症状などと注意を書いておきます。

発生原因は不明ですが(Windows updateがあやしいと推測してますが…)
USBデバイスのドライバーのデジタル署名のエラー52の発生による現象でした。

ここに書いてる事を実行する場合は自己責任で宜しくお願いします。

ps/2接続のキーボードとマウスなしでpcを操作出来るスキルをお持ちの方は①を飛ばしてください。

対処法

①pc起動中にF8を押しセーフモードなどで起動する画面を呼び出し”ドライバー署名の強制を無効にする”でWindowsを起動する。
※これで一時的にUSB接続のマウスやキーボードが使えます。

②すべてのプログラム→アクセサリ→コマンドプロントを管理者として実行する。

③”sfc/scannow”と入力しEnterキーを押します。

④検証100%が完了しましたと表示されましたら再起動します。

以上で筆者の環境では復旧しました。
同じ様な症状でお困りの方は試してみてはいかがでしょうか?

拍手[0回]

PR

Firefoxのキャッシュサイズを変更する(フリーズ対策)覚え書き

キャッシュサイズを自動にしてると
Firefoxがメモリーを占有してしまいフリーズの原因になってたので
変更してみました。




上部画像青丸部をクリックしウインドを表示させ
赤丸部のオプションをクリックします。




オプション画面が開きましたら画像赤丸部の詳細を選択
次に緑丸部のネットワークのタブを選択。
タブが開きましたら青丸部のキャッシュサイズを変更するの
チェックボックスを有効にします。
文字が薄くなっていたのが濃く変化しますので
この状態になればキャッシュサイズの数値が変更出来る様になります。
入力する数値の目安として筆者は
搭載しているメモリーの60%以下程度に設定しています。
あまり数値を上げ過ぎるとフリーズの原因になるので注意して下さい。

画像黒丸部をクリックする事で溜まったキャッシュ消去する事も出来ます。

たまにフリーズして困った事がある方は
ココを見直す事で改善されるかもしれませんよ!

拍手[1回]

Firefoxの右クリックが起動から時間が経たないと出来ない時の対処法

Firefox 51.0.1更新後?くらいからこの症状が筆者の環境では出ました。
shockwave flashの最新版をインストールで一時的かもしれませんが改善しました。

環境によっては改善する方も居られるかもと思いますので
同じ症状でお困りの方は一度試してみてはいかがでしょうか?

拍手[0回]

Cốc Cốc の日本語化手順

初期設定がベトナム語の為わかりにくいので
日本語設定までの手順を覚え書きしときます。



まずブラウザを開き左上の緑色の部分をクリックしウインドウを開きます。
次に画像の青色に反転している所が設定ですのでココをクリック。





設定画面が開きましたら画面を一番下迄スクロールし画像の赤丸をクリックします。




クリックすると更に下側に詳細設定の画面が表示されるので
画像の赤丸の部分を探しクリックして下さい。




クリック後に開いたウインドウの画像の赤丸部分をクリック。




クリック後、言語追加選択のウインドウが表示されるので画像の赤丸をクリックし
画像黒丸部分の操作で上下に移動しますので画像で青色反転している日本語を探し選択。





画像赤丸部をクリック。





元のウインドウに戻りましたら先程選んだ画像赤丸部分の日本語を選択。
画像の様に言語追加選択時とは違い
ベトナム語の横に''日本語''とは表記されないので注意してください。
画像青丸部分をクリックしブラウザを再起動してください。

再起動後日本語設定が有効になります。

拍手[6回]

Aterm WM3600R(WiMAX解約済)をWi-Fi中継機化

必要なツール

WM3600R
USBケーブル
PC



やり方

WM3600RをPCとUSBケーブルで接続します。

自動でドライバがインストールされるので完了するまで待ちます。

WM3600RをPCが認識したらブラウザを立ち上げアドレスバーに
http://192.168.0.1/index.cgi/basic_main入力し進みます。

初回のみパスワードの登録画面になりますので
任意のパスワードを登録します。


ログインのユーザー名は‘admin’
パスワードは任意で設定したものを入力します。

赤丸部のチェックを入れ、青丸部を公衆無線LANサービス優先に変更、
緑丸部の設定をクリックします。

接続先設定に進み、接続先登録をクリックします。


赤丸部の個人設定のいずれかにチェックを入れ、青丸部の設定をクリックすると
ダイアログが表示されるのでOKをクリック。

接続先設定に自動的に戻りましたら、赤丸部の編集するをクリック。

優先度は任意の数字
SSIDと暗号化モードと暗号化キーは手持ちの無線LANのものを入力し
赤丸部の設定をクリックするとダイアログが表示されるのでOKをクリック。

詳細設定に進み、その他の設定をクリック。

赤丸部のWiMAX切断時の自動接続のチェックボックスを外し
青丸部の設定をクリック。


左上辺りに表示されている保存をクリックすると
ダイアログが表示されるのでOKをクリック。

WM3600Rが再起動しますので完了すれば以上で設定は終了です。
なお、中継先の接続SSIDと暗号キ―は
WM3600Rのものとなりますので注意して下さい。



拍手[4回]